デザイナーは大陸へ行くべし!

06.07.2018

もっぱら最近の興味は中国です。
昨年年末から毎月のように上海、北京へと仕事で伺っているわけですが、習近平国家主席の共産的ではありますが、ITにしても環境問題にしても国をあげて取り組むスピード感は凄いの一言です。アメリカ性のFacebookやinstagram、Google mapなどは、まったく使えないですが、それ以上に中国版SNSの進化を遂げているのです。Wechat PayやAlipayといった電子マネーの普及で現金いらずです。レンタサイクルや地下鉄駅にある雨傘もぜーんぶWeChatで解決!
アメリカが30年かけて作り上げた経済成長をたったの9年で成し遂げた中国ですが、一部の業種で人で不足なのです。というか、人材が育っていないのです。僕が最近上海に行ってデザインコンサルなどを行うだけで、人の紹介を反して別の業界の董事長(オーナー)を紹介される感じです。急成長した分、しっかりとしたブランディングやクリエイションを必要としていることは事実。人件費も日本より良くなって来ているので、見積もりなどの金額も問題なく通過します。日本でくすぐっている若手デザイナーさんたちは、諦めるのではなく、隣の大陸でチャンレンジするのもいいんじゃないですかね?いい経験にもなると思いますし・・・。僕はしばらくお世話になることでしょう。笑