激動の年、感動の年、2016年。

28.12.2016

20161228

2015年11月、自分の不甲斐なさから18年間経営した会社を失いました。
辛さと悔しさを抱いたまま、新しい環境でトリトングラフィックスを始動させ、快くお仕事を依頼してくれたクライアントさんや一緒頑張ってくれている弟子やスタッフのために突っ走った2016年でした。その激動の年もあと4日で終わろうとしています。
そんな2016年は、実は素敵な年でもありました。丸4年を迎えた弟子の美奈子がアパレルのカタログ制作でアートディレクターとしてデビューしたこと。まだまだ粗削りですが、アートディレクターという仕事に真剣に向き合い、相手のことを理解しながら一生懸命応えようとする姿に少しうるっとさせられました。
信頼してくれるクライアントさん、そして信頼出来る弟子やスタッフに恵まれ、本当にこの仕事に従事出来たこと、そして、これまで生きて来て良かったー!と思えた年でした。
来年は年男。どんな年になるのか?不安もたくさんありますが、さまざまな夢や計画もあります。来年、少しづつ実現させ、これまでご迷惑をかけた方々や一緒に働いて来たスタッフたちに喜んでもらえる出来事が作れるように頑張ろうと思います。
自分たちの好きな場所、好きなコト。これが僕のオリジン。
共感してくれる皆さんと一緒に次なる「場所」を考えてみたいと思う2017年です。
来年もよろしくお願いします。